ホーム > ブログ > 総合診療科ブログ > プロ野球界の巨星、旅立つ

プロ野球界の巨星、旅立つ

 

 


こんにちは。

北原LSC総合診療科の和田吉生(わだよしき)です。

昨日、大きなニュースが飛び込んできました。

―野村克也氏 死去、享年84歳―

私は、高校に入ってから野球をはじめました。
野球を始めて読むようになったのが野村さんの著書でした。
野村克也といえば、言わずと知れた昭和の大打者。
戦後初の三冠王であり、通算657本の本塁打記録は、
王貞治氏に次ぐ日本歴代2位の大記録です。
同じ右打者として何かヒントになる教えがないかと、
最初は軽い気持ちで野村さんの本を読み始めました。
読み始めて感じたのは、野球の技術論以上に、
心構え、考え方、人としてどうあるべきかという人生論を、
とても重要視し大切にする方だなぁということでした。
今は自分の子どもにも、野村さんの著書を読ませています。
野球に限らず、その教えは人生の多くに当てはまります。

個の成績がチームに対する貢献になるのではなく、
勝利を目指して各々が取り組んだ結果が、個の成績になる

自分のためだけを考えて仕事をしても、成果は挙がりません。
世のため人のため、必要なことに力を合わせて尽力して初めて、
大きな成果とやりがいが得られるのだと思います。
そしてそれが、次の仕事のモチベーションに繋がります。

野村さんの著書から学んだ人生訓は、曲がりなりにも
自分の思考や行動、人生に息づいていると思います。
野村さんのような偉大な人にはなれませんが、
自分の周りの人たちの人生が少しでも幸せになるように、
日々精進して参りたいと思います。

どうか安らかに。


ブログアーカイブ

Blog

ご予約・お問い合わせ

電話

042-655-6665

(電話窓口受付時間: 8:30〜16:30)

診察・受付時間

午前 8:30〜12:30 午後 13:30〜16:30
※水曜のみ18:30まで

医療みらい再生機構
Sunrise Japan Hospital
Join
総合診療科医募集