ホーム > ブログ > 総合診療科ブログ > 熱中症にご用心!

熱中症にご用心!

 

 


こんにちは。

北原LSC総合診療科の和田吉生(わだよしき)です。

西の方から梅雨の足音がひたひた…いやドダドダと。
今週末は広い範囲で激しい雨に注意が必要なようです。
蒸し暑いジメジメとした時期に気を付けるべきもの。
それは、、、熱中症です!
いやいや熱中症の時期はまだ先でしょ?と思ったあなた。
下のグラフ見てください。え?字が小さくて読めない?
いろいろ試したんですけど、図が大きくなりませんでした。
何となく雰囲気だけでも…誠に申し訳ございません…。
これは熱中症救急搬送についてまとめた総務省のデータです。

0a9ea123be3b58bbaf91b5eb7d6c1f6f

確かに熱中症の救急搬送のピークは7月と8月なのですが、
実は6月からジワジワ増えてきているわけです。
ピーク時には月に1万人以上が救急搬送されています。
皆さんいまは新型コロナウイルスに気をとられていますが、
夏の熱中症はコロナの比ではないほど恐ろしいのです。

もうひとつ別のグラフをご覧ください。
え?これはもっと字が小さい?…本当に申し訳ございません!
これは都道府県別の熱中症救急搬送状況をまとめたものです。

ca50334bf296b9b42f46521f95b899c9

本当に字が小さくて、何が書いてあるのか全く読めません(笑)
お伝えしたかったのは東京では年間1万人近くの方が、
熱中症で救急搬送されているんですよ、ということです。
熱中症が重症化しやすいと言われているのは、
小さいお子さんと持病をもっているご高齢の方です。
もちろんその年の暑さによって変動は大きいのですが、
多い年では年間1000人以上の方が、熱中症で亡くなっています。
新型コロナで亡くなる方より多いくらいですよね。

さて、熱中症予防のポイントを以下にまとめてみました。

こまめに水分補給

エアコン・扇風機で空気を流す

部屋の風通しを良くする

シャワーや冷たいタオルで身体を冷却

涼しい服装、 外出時は日傘、帽子を着用

あとは、汗をたくさんかく時には多少の塩分補給も必要です。
高血圧で治療している方は節塩!と言われているでしょうが、
大量に汗をかいている場合には塩も必要になります。
汗をかくことを嫌がってはいけません。
汗がかけるカラダになっておかないと熱を発散できないからです。
何より規則正しくきちんと食事・睡眠をとることも、
カラダの基礎的な体力を維持するのには大変重要です。

6月のうちから、熱中症に強いカラダ作りに勤しみましょう!


ブログアーカイブ

Blog

ご予約・お問い合わせ

電話

042-655-6665

(電話窓口受付時間: 8:30〜16:30)

診察・受付時間

午前 8:30〜12:30 午後 13:30〜16:30
※水曜のみ18:30まで

医療みらい再生機構
Sunrise Japan Hospital
Join
総合診療科医募集