ホーム > ブログ > 総合診療科ブログ > ヨーロッパで新たな流行波が拡大中

ヨーロッパで新たな流行波が拡大中

 

 


こんにちは。

北原LSC総合診療科の和田吉生(わだよしき)です。

菅総理大臣は就任後初の外遊に出発されました。
ビジネスや留学などでの海外渡航も段階的に解除され、
また徐々に国際的往来が活発になりつつあります。
コロナ以前の状態に復するのはある意味喜ばしいですが、
日本でも未だに感染終息の明るい兆しは見えず、
今冬の感染爆発の可能性に医療現場は戦々恐々としています。
そして、ヨーロッパでも新たな流行が拡大しています。

WHOによると16日に報告されたヨーロッパ全体の感染者数は、
15万7000人に達しました。あれだけ厳重な警戒が敷かれた
第1波の時でさえ、多くてもせいぜい1日4万人程度でしたが、
その3倍以上の感染者が報告されていることになります。
フランスはじめ各国は夜間外出制限など再度規制強化を行い、
新型コロナウイルスの拡大防止に躍起になっています。

感染者が爆発的に増えている要因は様々検討されておりますが、
各国の検査体制がさらに拡充・整備されている点が大きいようです。
実際に感染による重症化率・死亡率は低下傾向となっており、
感染者数の増加と比べて、死亡者数はそこまで増えていません。
第1波の際には、都市の完全封鎖(ロックダウン)を敢行した
ヨーロッパ各国ですが、現状ではそこまでの厳しい制限は行わず、
夜間の外出禁止や営業禁止などに留めているのも特徴です。
第1波の対応を反省し、各国が「最善」の対応を模索しています。

海外渡航が段階的に解除されると、日本でも4月5月のような、
いや、あの時以上の流行が起きることは容易に想像がつきます。
かといってあの時のように再び経済活動を厳しく制限すると、
コロナは回避できても、生活が立ちゆかなくなる人で溢れます。
私たちはコロナによって究極の選択を迫られ続けています。
完璧な正解は見えない中で「最善」の対策をする他ありません。
手洗い、マスク、3密回避の徹底は個人でできる最善の防御です。
基礎疾患がある方はインフルエンザの予防接種もしましょう。
(すみません、当院ではすでに予約受付は終了しましたが…)

当院でも引き続き感染対策を徹底しながら、
粛々と日々の診療を継続して参りたいと思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


ブログアーカイブ

Blog

ご予約・お問い合わせ

電話

042-655-6665

(電話窓口受付時間: 8:30〜16:30)

診察・受付時間

午前 8:30〜12:30 午後 13:30〜16:30
※水曜のみ18:30まで

医療みらい再生機構
Sunrise Japan Hospital
Join
総合診療科医募集