当院では、心筋梗塞・狭心症・不整脈・心不全などの心臓疾患は循環器専門医が行います。健康診断にて脳・心臓疾患の両面の予防も行っていますので、是非ご利用下さい。

当クリニック脳神経外科との連携

脳血管疾患と関連が多い心筋梗塞・狭心症・不整脈・心不全等の心疾患に対しての検査・治療を行っています。3次元CT装置で心臓を撮影し、冠動脈(心臓に栄養を送る血管)の狭窄・閉塞の有無を検査します。治療が必要な場合には系列病院にてPCI(経皮的冠動脈形成術)や心臓カテーテル治療を受けることが可能です。

生活習慣病の治療や予防

生活習慣病は、心筋梗塞や脳梗塞を発症するリスクを高める危険因子となります。危険因子は高血圧・高脂血症・糖尿病・加齢・家族歴・喫煙・ストレスの7種類です。こうした危険因子の保有数に比例して、心筋梗塞や脳梗塞を発症する確率が高まります。これらは生活習慣による影響を強く受ける因子です。逆に言えば、生活習慣の見直しで改善可能な因子であるため、早期の治療開始が非常に重要になります。

肥満

グループ系列病院と連携し、心臓冠動脈造影や不整脈診断検査等も実施

心臓冠動脈造影により、冠動脈狭窄の部位や程度を判定することができます。狭窄がある場合は、経皮的冠動脈形成術(PCI)や心臓バイパス手術など治療方針の決定が必要です。また、 脳梗塞を起こしやすい不整脈である心房細動は、その治療をなるべく早期に行うことで、慢性化の予防や、脳梗塞の予防にもつながります。当院の脳神経外科に通院中の方も、心房細動を原因として発症された方が多くおられます。

心臓冠動脈CT画像


診察日・受付時間

 午前午後
水曜日
(完全予約制)
診察はありません13:30〜16:30
土曜日
(不定期)
8:30~12:3013:30~16:30

※土曜日の循環器は、初診の方の予約は承っておりません。

ご来院前に必ず「外来予定表」またはお電話でご確認ください。

icon-phone-2

042-655-6665

(電話窓口受付時間: 平日および土曜日8:30〜16:30)

事前問診について

事前問診票をプリントアウト・ご記入の上お持ちいただくと、
診療がスムーズになり、待ち時間を短縮できます。

こんな症状はご相談ください

  • 胸がドキドキする
  • 胸が締めつけられる
  • 息切れがする

※緊急を要するときは、北原国際病院へご連絡ください。北原国際病院では循環器内科の救急外来を対応しております。